海運株とバルチック指数の上昇は今後の株バブル発生を左右する!日本郵船や商船三井は買いなのか

↓新刊:やりたいことを全部最速で叶えるメソッド「高速仕事術」
自分のやりたいことを全部最速でかなえるメソッド-高速仕事術-上岡-正明/dp/4776211165

↓新刊:即戦力をつくる「広報PRの教科書」
現場のプロが教える-即戦力をつくる広報PRの教科書-上岡-正明/dp/4799109189

★今一番人気の動画
2021年株、ビットコイン、資源、不動産投資バブル到来!!億り人が急増する5つの理由

★上岡が一番あなたに見てほしい
株で資産5億円!億り人に最短でなる方法を全部暴露

★個人投資家が勝つために伝えたいこと

★相場師直伝【10倍株】見つけるためのコツ全部公開

——————————————
スキルを磨くTOP③
——————————————
殿堂入り①:【有料級】テンバガー10倍株6選

殿堂入り②:【決定版】個人投資家が株で勝つ10の方法

殿堂入り③:【これがプロ技】株の損切り2つのタイミング

——————————————
審美眼を高めるTOP③
——————————————
1位:【知らなきゃ絶対損】株初心者が99%勝つコツ

2位:95%の個人投資家が機関や大口に負ける理由!

3位:原油で800万負けたよ!

\ダイヤモンドザイ・東洋経済・日経ヴェリタスでも取材された投資家/
手に入る5つのこと|脳科学×心理学で小金持ちになる
(1)株式投資で小金持ちになる
(2)最短で資産形成する金融リテラシー
(3)誰も知らない勝つための戦略手法
(4)脳科学と心理学を応用した成功スキル
(5)↑そのための情報・スキル・戦略を効率よく入手するやり方

実業家兼投資家として30歳後半までに株式投資と不動産と会社経営で、資産5億円を手に入れた(略歴は以下参照)方法を厳選。「株式投資」「資産形成」「億を稼ぐ思考法」「そのための脳科学と行動心理学の上手な使い方」だけに特化し、毎回紹介するチャンネルです。

◆上岡正明のプロフィール
日本認知脳科学協会代表理事
一般社団法人日本心身医学会会員
多摩大学客員講師(18,19)
MBA(情報学博士前期課程)修了
ビジネス書籍12冊を出版・累計55万部
株式会社フロンティアコンサルティング代表取締役

株式会社フロンティアコンサルティングを設立し、これまで上場企業など200社以上の新事業支援やブランド戦略開発を支援。

同時に、日本テレビドラマ「ストーリーランド」やアニメ・ゲームを複数手掛けた脚本家、バラエティー番組の放送作家としても知られている。これまで「笑っていいとも」「めざましテレビ」「スーパーJチャンネル」等の放送作家として活躍。

いっぽう、上梓したビジネス書は累計11冊、累計55万部。近著である高速読書(アスコム)は約半年で10万部のベストセラーになり話題に。
さらに、元手200万から10年で3億円を稼いだ株式投資家として日経ヴェリタス、ダイヤモンドザイ、東洋経済オンライン、テレビなどでも取材される。多摩大学、成蹊大学、帝塚山大学客員講師、東京都スタートアップ講師。元静岡放送審査委員。
※詳しいプロフィールはこちら(公式サイト):

◆上岡正明の所属学会
・一般社団法人日本脳科学認知協会
・日本行動心理学会
・日本行動経済心理学会
・日本社会心理学会
・一般社団日本心理行動分析学会
・日本小児発達心理学会
・日本神経心理学会
・一般社団法人小児心身医学会
・日本行動経済学会
・認知神経科学会の各会員
・の各会員
(※入会順。科学的根拠、エビデンスは各学会の論文を参考にしています)

◆代表的な著書(近著)
・死ぬほど読めて忘れない高速読書(アスコム社)※12万部突破
・やるたいことを全部最速で叶える高速仕事術(アスコム社)
・即戦力をつくる広報PRの教科書(すばる舎)
・共感PR(朝日新聞出版)
・たった13字ですべては伝わる(総合法令出版社)
・29歳までに手に入れたい5つの箱(大和出版)
・株はたった1つの鉄板銘柄で1億稼ぐ(ダイヤモンド社)

◆上岡正明の生い立ち☆彡
この番組は、私の専門分野であるMBA(情報工学)、認知脳科学、発達心理学の科学的根拠に基づきながら、「スキル」「成長」「富」の3つを最短で手に入れる【高速ルート】を、皆さんと一緒に見つけていこう、といった趣旨のゆる~い番組になります。

じっさい、僕は3歳で母親を失い、小学校から家出を繰り返してきました。しかも、警察に保護されるまで誰も探しに来ない寂しい幼少期でした。さらに、大学受験にも失敗。その後も電気・ガスを止められた東京元住吉のボロアパートでサバイバルするなど、10代、20代は苦労の連続でした。社会の最底辺でずっともがいていたわけです。

そこから、会社経営者や株式投資家、不動産オーナー(※下記参照)、ビジネス作家やテレビ脚本家、さらには大学客員講師や東京都中小公社講師として地位や資産を築くことができました。
自慢話のように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。そこに至るプロセス、原理原則は誰でもできて、とてもシンプルだということに気づいたのです。

その原則とは、次の5つです。
1.学び続けること
2.継続すること
3.失敗を恐れないこと
4.行動しながら改善すること
5.脳科学と心理学による「原理原則」に基づいた科学的アプローチをすること

この番組は、富を築いて小金持ちになる最短ルートが、全て同時に、しかも独学で手に入るように構成されています。
詳しいプロフィールは公式サイトにも掲載していますので興味がある方はぜひご覧ください。それでは、今日も高速でいってみましょう。高速でゴー!

◆番組の使い方♪
成長や成功を高速で手に入れるには、インプット2割、アウトプット8割が原理原則です。それほど難しいことではありません。狙ってから撃っていては、人生終わってしまいます。撃ちながら走り続けわけです。
熟練の兵士は狙っていては作戦が成功しないどころか、仲間さえ守れないことを知っています。スマートに構えるのは、映画の中だけ。彼らは撃ちながら走り続けます。それが一番、成功確率も仲間の生存確率も高いことを知っているからです。
この番組でインプットとしたら、ぜひ今日からアウトプットしてください。皆さんの成長や成功、起業や資産形成につながるアウトプット方法は番組でも詳しく紹介していきます。

◆この番組の趣旨♪
3つの会社を経営する実業家でもあり6億稼いだ株式投資家・不動産オーナー。これまで株式投資で3億円、不動産投資で2億円(足立区に3棟)、会社経営で1億円の資産構築。
失敗も遠回りもしたけれど、今振り返ればシンプルな原理原則が最初にあり、最後までそれしかありませんでした。
余計な雑音や遠回りにより、失意のうちに時間とチャンスと情熱を浪費する若者を一人でも減らしたい。そうした想いのもと小金持ちマインドや起業・副業のための「学び」×「スキル」×「勝ちパターン」×「再現性」×「そのための武器としての脳科学と心理学」を誰でもわかりやすいように解説していきます。

◆番組の4ミッション♪
1.10代、20代の若い人たちに勇気と希望を
2.30代、40代の同世代の人たちに学びと成長を
3.人生の先輩方には時代の若者を支えるパワーと情熱を
4.いじめと差別を日本中から無くす

◆最後に僕からのひと言♪
高杉晋作を尊敬する僕と「高速ちゃん大学」で一緒に学びませんか☆僕も一緒に成長していきます。今、僕らやその次の若い世代が日本を変えずに、誰が日本を変えるのか。強い情熱と正しい成長と、高い視座、友達や家族を想う深い誠心で現状突破していこう!僕がまず実践していきますね。

高杉晋作・辞世の句
『おもしろき こともなく世をおもしろく すみなすものは心なりけり』

30歳代で3億の資産を形成した世界を旅する情熱投資家。現在は株式資産3億円、不動産資産2億円所有。直球ストレートで本気勝負!独自の成功哲学は常に人気を博し、セミナーは2ヶ月先まで予約が取れないこともある。
・実業家サイト(PR会社):
・公式ブログ:

■免責・注意事項■
当該チャンネルで提供するコンテンツ(※以下、動画)は作成時点までの信頼できると思われる各種情報やデータに基づいて作成されていますが、その正確性、相当性、完全性などに対して情報提供者は責任を負いません。利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても情報提供者は責任を負いません。

■お問い合わせ■
運営事務局へのお問い合わせはこちらにてお願い致します。
通常、2営業日以内にご返信させていただいております。
(個人的な質問等はお答えできません。何卒よろしくお願い申し上げます)
pr@frontier-c.co.jp

#バルチック指数#海運#株式投資#チャート#成功#成長

19 件のコメント

  • これまでの有料級と言われる予想は、どれくらい当たったんだろう?笑笑

  • 上岡さんが勧めたのは3ヵ月前ではなく更に前でしたよ。私はこの動画を見て買ったのが9月前半付近でしたから。

  • スターバルクsblkを持ってます。
    既にかなり上がってきてるので、売却しようか悩んでいましたが、動画を拝見してもう少し様子を見てみようと思いました

  • 有益な情報、いつもありがとうございます
    本日は3本もアップ!!お疲れさまです
    海運とオイルの関係性はあると考えておられますか?
    チャートだけ見ると、ものすごく連動しているように思えまして・・・

  • いつもありがとうございます。
    海運業の景気見通しが、景気の羅針盤になるのですね。

  • チャオ! どう動くんでしょうか、これからの日本!どっきどきです。

    海運業はこの1年、まるでS&P500のような綺麗な右肩上がりのチャートですね。

    造船には詳しいですが、海運は未知の世界です。
    ONEジャパンというコンテナ関係の会社も、バルチック指数も初めて知りました。

    さらに、このご時世でも、ONEは採用するんですね。

    毎日が新鮮で楽しいです。

    上岡さん、今日も動画をありがとうございます。

  • 1905年5月27日、
    日本海海戦においてロシアのバルチック艦隊を目前に秋山真之が草案した「敵艦見ゆ。皇国の興廃此の一戦に在り。各員一層奮励努力せよ」

    バルチック海運指数
    は海運会社やブローカーなどから鉄鉱石・石炭・穀物といった乾貨物(ドライカーゴ)を運搬する外航不定期船の運賃を聞き取り、結果を取りまとめて同指数を算出、発表する。

  • 上岡さんの動画を見ていて先の予測と準備が必要なのを感じています。
    もし大相場が来るのであれば今からの準備が必要かと思うのですが、どんな準備が必要なのでしょうか?

  • 工藤建設はいかがでしょうか?
    配当高く、そろそろ上抜け期待が高いと感じ、仕込んでいます。

  • とても勉強になりました。有料級ですね。ドーンにバーンにはクスッとしちゃいました。

  • なるほど、興味深い読みです。
    いつもいろいろな切り口からのお話に惹きつけられ、学ばさせていただいています。
    ひたすらウォッチし、買いそびれていました。海運という響きはロマンがあります。

    このコロナ禍で国際流通は未だ大混乱のようです。昨年11以降アメリカ、カナダ宛の郵便小包が驚いたことに船便しか受け付けなくなっています。アメリカは国際クロネコなどは動いているようですが需要の少ないカナダは受付停止でなんと船便オンリーが今も続いています。今まで1週間で航空便で着いていたものが去年の3月から約3倍の時間掛かりいまや船便の通常1ヶ月がやはりこれまた約3倍の3ヶ月。なくならずに届くところはありがたいですが、なんだか大航海時代のような話しです。そして船便は無くならない。

    これだけ日にちがかかっても息子のお気に入りの麦茶や、メニコンさんのワンディなど(もうJohnson&Johnsonに変えるしか)を送ってもらうのでした。。

  • ずっと以前に海運を紹介されてたのは覚えています。
    海運?海運なんて上がるのか???と感じたのを思い出しました。いつも上岡さんが仰ってる千里眼ですね。
    そんな大相場来て欲しいですが自分だけは損する気がします笑

  • 「2倍速で9分で終わる」
    10分で終わらないことの対応策としてこのアイデアを出せるのは上岡先生だけだと思います
    もう我々とは発想の次元が違う、、、笑

  • 投資を始めて1年くらいです!
    いつも勉強させていただいてます。
    ありがとうございます!
    今から入る勇気はありませんが、大相場になるかどうかしっかり見届けたいと思います!
    大相場になったらなんのセクターが上がりやすいとかあるんですか?

  • 即戦力をつくる広報PRの教科書 と 東郷ターン について。
    1.現状把握 2.競合市場調査 3.問題分析 4.目標の設定 5.アクションプランの創出 6.情報発信力の強化 
    7.オプションプランの発動準備
    この前提があって、
    PDCAサイクルを回すことになる。なぜなら、Do(実行)は事前テストといえども、実戦である。
    この自覚が無いと、5%の相場師には、なれない。

    PDCAサイクルとは
    Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返すことによって、生産管理や品質管理などの管理業務を継続的に改善していく手法
    ①Plan(計画)の作り方
    ②Do(実行)の方法     Doの意味は事前テストを意味する。
    ③Check(評価)の仕方
    ④Action(改善)とは何か。

    ①Plan(計画)
    目標を設定し、業務計画を作成する段階のことです。
    まず、解決したい問題や利用したい機会を見つけて理解を深めます。
    そして、目標における情報を収集し、解決策を考え、計画を立てていきます。
    ここまでがPの段階です。
    ②Do(実行)
    Pの段階で立てた計画を実際にやってみる段階のことです。
    問題を解決するための方法を見つけたら、少しずつ試してみてください。試す際にはその方法が有効だったか無効だったかも記録しておきましょう。次の段階で使えます。

    注意点:Pの段階で立てた計画を実行するときには、最初から計画を完全に実行するのではなく、あくまでテストをしながら少しずつ実践しましょう。
    ③Check(評価)
    計画に沿って実行出来ていたのかを評価する段階のことです。この段階で試してみた解決策の結果を段階①のPlan(計画)の時の予想と比較して分析し、解決策が有効かどうかを評価します。
    ④Action(改善)
    実施結果を検討し、業務の改善を行う段階のことです。Pで計画し、Dでテストをした結果をCで評価し、最後のAで実行します。

    注意点:PDCAはサイクルで、始まりも終わりもありません。最後のActionの段階が終了して改善した時点をまた新たにベースラインとして、より良い解決策を探し続けることです。

    まとめ
    ここで重要なことは、完全な解答を求めるためスキルアップの方法が、『PDCA』ということです。
    何回も回転させる。
    ①Plan(計画)→②Do(実行)→③Check(評価)→④Action(改善)
    これにより
    大勝利です。

    東郷ターンという完全なソリューション!

    日本海軍は日本海海戦の半年前に露国旅順艦隊と黄海海戦で戦闘した際、既に丁字戦法を試していた。
     しかし、
    この戦法は敵に戦闘意欲が無い場合、また、敵が回頭して逃げた場合は効果がなくなってしまう。
    黄海海戦では露国艦隊が逃げてしまい失敗してしまった。
     それどころか、
    敵が逃げる際に放った副砲斉射が連合艦隊の1隻に当たってしまい日本の船が小破してしまった。

     この戦闘により丁字戦法の欠点を知った連合艦隊はバルチック艦隊への丁字戦をやめ、秋山真之を中心とし別の戦法を考えた。
    T字戦法を中止し代替戦法を
    秋山真之らによって「連結機雷」という戦術が出され決定した。
    完全に仕留めるということである。

     実際に戦うと作戦通りにはゆかない

    〈5月27日 早朝 日本海海戦当日〉秋山真之より東京へ電報「敵艦見ユトノ警報二接シ 連合艦隊は直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

    「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」というこの台詞、
      これは、
    機雷を敷設する水雷艇が波高により出撃出来ないという打電であった。

    これにより連合艦隊は、「連結機雷」を諦めざるを得なくなってしまう。
      連合艦隊は一切の作戦も持たずに大国ロシアと戦うこととなった。

    そんな時、さらに問題が発生。

    この時の東郷の作戦はバルチック艦隊に向けて前進し、艦隊の西側で反転。同航戦に持ち込む戦法であったが、敵艦隊の位置の測距にミスがあり連合艦隊はバルチック艦隊の正面に出てしまった。
    この時、危険を避けて敵の西側へ転針すれば逃げられるかも知れなかった。
     しかし、
    東郷の下した決断は取舵(東へ転針)であった。ここで取舵をすれば連合艦隊が回頭を終えるまで、敵の集中砲火を浴びることになる。
     この時東郷は
    「たとえ三笠が沈められようとも、バルチック艦隊は絶対に逃がさない」
    という決断だったと伝えられている。

    数々の問題に見舞われながら、艦隊を勝利に導いたのは、この捨て身の「東郷ターン」だったのである。

    この『東郷ターン』は、PDCAサイクルを何回も回した総合的判断による決定であった。

    30歳代で3億の資産を形成した世界を旅する情熱投資家。現在は株式資産3億円、不動産資産2億円所有。直球ストレートで本気勝負!独自の成功哲学は常にPDCAサイクルを何回も回した総合的判断による決定の結果であろう。
     金融に偶然などない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です