【FX】ユーロ円、ポンド円、豪ドル円の為替相場の予想と前日の動きをチャートから解説。3月22日~

ドル円、ドルインデックス、NYダウCFD、日経平均CFD、金CFDはコチラから

ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドルはコチラから

サブチャンネル タカFX【TAKA】
たまにコソコソライブしたりしています。

0:00 ユーロ円
7:04 ポンド円
12:58 豪ドル円
18:52 まとめ

平日は毎日午前、午後にチャートを基本とした相場解説をしています。
金曜深夜24時~は生配信も。
環境認識、大局観を中心にたまーに自分のトレード話も絡めてお話しています。
トレードで一番自分が大事だと思うのは手法ではなく今の環境を理解すること。
手法なんて細かい話はその先にあるものだと思っています。

情報商材等は一切ありません。
2020年より自分の考えをアウトプットするために動画投稿始めました。
その中でひとつでも何かの参考になれば嬉しいです。

ブログもやってます

Twitter

動画で使っている別の時間軸を重ねて表示させるインジはMT4用で【HT_Higher_Candle_V1.08】です。

トレーディングビューの重ねているインジは
【MTF candles by yatrader2】

右上の通貨表示は
【Mi_Symbol】

通貨の強弱チャートはオアンダ証券のMT4のCurrencyPowerというインジを使っています。
口座があれば最初から入っているとは思いますが、無ければ制約がありますがサイトで直接見ることも出来ます。

MT4用のインジでよければ『通貨強弱 インジ MT4』あたりで検索すればたくさん出てくると思います。

全て無料ツールなので興味ある方は検索で探してみてください。

これだけ勝てない人が多数いる世界で、本当に簡単に稼げる手法があると思いますか?
巷に溢れてる勝率90%!これを読めば勝てる!簡単手法!などという謳い文句に魅かれてしまうのは十分わかります。

でもそんなの無いですよ。ひたすら相場に張り付いて15年経っても毎日失敗や後悔の連続です。
そんな自分が考える利益を出す方法は手法を学ぶのではなく相場観を学ぶ。
チャートを読み解く力が必要だと思います。

環境さえ理解していれば後はお好きな『手法』でトレードしていけばいい。
多少の失敗も環境を理解していれば助けてくれることもあります。

木を見て森を見ずという言葉はよく相場でも使われますが、
インジばかり見てチャートを疎かにしてないですか?
スキャルピングで勝てないと悩み続けていないですか?
個人的にはスキャルピングが一番トレードでは難しいと思っています。
もっとゆったり落ち着いてトレードしてみませんか?

エントリーやエグジットのタイミング、現在の相場環境、そういったものはインジで読み取るものではなく自分の目で見て考えるもの。

このチャンネルではそういった手法ではなく、チャートに焦点を当てて解説していけたらと思っています。

#FX#チャート#初心者

6 件のコメント

  • ユロ円ポンド円を来週はS目線に切りかえました。しかし、週足の陰線を根拠にしていました。確かに値幅調整確定ならそこに根拠を求めてもよいですが、まだ1本しかでておらず、日柄か値幅かわからないのでそこに根拠はだめですね、
    根拠としては共に日足の日柄で調整であったサポートを割ったとこに求めるべきと今日学びがありました。波の反転には足場が崩れてからということ、一時的に下落の流れが発生するそこを狙うSにしようとおもいます。

    ポンド円の週足で、値幅調整になった場合直近あげすぎていて真空地帯のように見えます。タカさんいわく真空地帯は荒れる可能性がある、一気に落ちると仰っていましたが、真空地帯はSを強気に見ていけるポイントなのでしょうか?それとも荒れることが予想されるので、警戒しつつという認識なのでしょうか?

  • 売り方が買い方をうわまれば下がる、逆もしかり、しかし売り方の逆注文は買い注文、逆もしかり、絶対に買われると思っても相応の逆注文がはいる。絶対に上がるということはちょっと逆に行けば下がるといこと、だからこのやり方をやれば勝てるという法則なんてないし、環境認識をしてほんの少しのスキを警戒して警戒して狙うのがトレーダー、素晴らしいですね!!こんな本物のトレーダーがYou Tubeにアップしてるとは!!!

  • こんな超超有料級な動画を上げてくれてこちらこそありがとうございます☆資金管理、環境認識の2大要素、その次に損切りをおける位置を見極め、リスクリワード、そして最後にエントリー手法と正に本物のトレーダーですね!youtubeに本物のトレーダーが発信してくれる時代になるとは!笑
    トレーダーの日々の仕事は週毎、日毎、時間毎、環境認識して、値動きの事実を追うこと。この大事なことをさしおいて、勝率8割、爆益最高のYou Tubeトレード業界も変わりましたね!

  • いつも参考にさせていただいております!
    1時間足に対して日足を被せて表示するのと、通貨ごとの強さを見るのはどちらのツールを使われているのでしょうか?

  • 解説ありがとうございます。普段は、ドルストですが、ドルが動かず、円買いが出るようなら、ユロ円をトレードしてみようと思います。現状の戻りをプルバックとみて、129.70で、壁が出来るか確認してですね。普段慣れていないので、無理なトレードはしないようにします。ドルストとクロス円の動画が分かれているのは、やっぱり良いですね。でも、TAKAさん大変ではないですか。最近、気のせいかもしれませんが、解説の仕方少し変わったような。私的には、とても理解しやすいので、本当に助かっています。

  • おはようございます。ポンド円やユーロ円の日足で日柄調整から下に抜けたという場面ですが当然、サポートを抜けたからということだと思います。この時のサポートの定義というか目安ですが一旦、高値更新が止まった後に陽線が出るも高値更新がなかった、その時の陽線安値をサポートと見ているのでしょうか?サポートをどこでみるべきなのかな、何をもってサポートとみるべきなのか、とあやふやになることが多いので気になっています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です