【4/24 米国株】株価にキャピタルゲイン税の影響なし!株価は大きく反発も、方向感のない1週間でした。来週はFOMC

元ヘッジファンドトレーダが株式投資・海外ニュース・経済動向・朝のニュース(NY便り)を配信しています

▼投資家養成チャンネルの登録はこちら

▼仮想通貨チャンネルの登録はこちら

▼世界最大の取引所Binanceはこちら(僕もメインで使っています)

———————————————————————–
自己紹介
———————————————————————–
●米系証券会社でヘッジファンドトレーダーとしてキャリアをスタート
●株・債券・為替・不動産を対象に投資運用
●米投資銀行にて企業買収(M&A)業務も経験
●外資系金融機関で約10年勤務
●南カリフォルニア大学(USC)ビジネス学部卒業
●海外生活合計約10年

★アマゾン・欲しいものリスト★

———————————————————————–
SNS
———————————————————————–
【Voicy】

【Twitter】

【Podcast】

———————————————————————–
このチャンネルはこんな人におすすめ
———————————————————————–
●投資・資産運用について勉強をしたい
●海外のニュースをいち早く知りたい
●家族・子供のために資産運用をしていきたい
●通勤時間・隙間時間を学びの時間に使いたい
●日本では報道されない面白いニュースを知りたい
●金融・経済について知りたいが、質問できる人が周りにいない
●これから投資を始めたいけれど、何から勉強していいかわからない

————————————————————————————–
その他ご紹介・おすすめの書籍(実際に使っているサービス・購入した書籍)
————————————————————————————–
▼ 最も使いやすいチャート分析ツール。【Trading View】

▼ Kindle Unlimitedは: 200万冊以上が読み放題でかなりオススメ(30日無料体験あり)

▼ 賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

▼ 市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学

▼ マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉 富の追求、ビジネス、処世について

▼ 完全なる投資家の頭の中──マンガーとバフェットの議事録

▼ オニールの成長株発掘法

▼ ミネルヴィニの成長株投資法

▼ 成長株投資の神

▼ 株式トレード 基本と原則

▼ 出来高・価格分析の完全ガイド ──100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす

▼ 投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識

▼ アノマリー投資

▼ 教養としての投資入門

▼ 父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

▼ デイトレード

▼ 投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒント

▼ NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX

▼ 2060 未来創造の白地図 ~人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる

————————————————————————————–
#米国株 #投資 #初心者 #株

お仕事のご依頼はTwitterのDMにてお受けしております。

7 件のコメント

  • ビットコインは底堅い。長期目線で見たらいまの暴落は大きめの調整でしかない。年末$100000コースのシナリオ通りなら今買ってもダブルバガー。仮に一時的に$42000くらいまで落ちても誤差の範囲でしかないね!

  • 仮想通貨の大暴落が一番のトピックだと思いましたが、株式市場を取り上げられたのは意外でした。

  • 今日の上昇は、来週のFOMCを折り込んでないとはいえないと思うので。FOMCで下がれば逆に買いたいところですね。
    (余力ないですが笑)

    3月で狼狽売りしたと自覚している僕みたいな人は、4月のFOMCで狼狽売りはしないかもしれませんね笑

    僕がソーラー買ってから毎日上がってますが、あまり腑に落ちない上昇です。

    最近の半導体の時は波に乗れませんでしたが、急に伸びたあとは、軟調なので、半導体からソーラーに循環物色のような感じかも知れませんね。

    Sell in May あんまり関係ないかも知れませんが、5月からどうなる事やら

    お疲れ様です。

  • バイデンさんも、フェイントをかけてくるので、一昨晩は狼狽してしまいました。株を売ってしまった人はお気の毒ですが、すぐ元に戻ってよかったです。GAFAMの稼ぐ力には何の疑問もないので、個人的には、AMDとSquareが戻ってきたのはうれしいです。これからもキャッシュレス化は進むと思うのですが、中国的なデジタル通貨は、国家権力が出すぎて嫌だなと思うので、民主的な金融技術を、SquareとPay Palには期待したいと思います。

  • 増税に関してはジムクレイマーは富裕層の所謂投機抑制であって、ロングホールドによる投資に市場が戻るのではないかという考えでポジティブそうですね。
    また、税率がどうなるかは最後まで分かりませんが、やはり高い数字を最初に出しておいて下げる交渉をする、というのがバイデン大統領の策略なのかなというイメージのようですね。
    月曜から米株市場を引っ張るような企業の注目決算目白押しですし、どういう反応になるか。
    と思ってみていました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です