【歴史的悲報】仮想通貨60億分の1の大暴落!なのに逆に課税される件【IRON・TITAN/暗号資産/イケハヤさん/アルトコイン・草コインと税金/海外取引と確定申告/所得税と億り人/海外移住と出国税】

仮想通貨(暗号資産)の大暴落の原因と税金について解説します。
0:00最近の仮想通貨大暴落事件
2:38仮想通貨アイアン・チタンのざっくりした仕組み(錬金術?)
4:38通貨の裏付け、信用の源泉
5:54大暴落の原因
8:14損失でも税金がかかる理由
11:40海外取引と税金、海外移住

▼参考
「【節税が裏目に】ビットコイン大暴落!税金でさらに大損!」

イケハヤ大学【ブログ版】「【金融革命】ガチの錬金術「IRON」について解説します。」

IRON Finance – A Multi-Chain Partial-Collateralized stablecoin

国税庁「租税条約等に基づく情報交換」

#仮想通貨 #投資 #大暴落

不定期配信なので、チャンネル登録して頂けると嬉しいです。

Twitterでも最新情報を発信しております。

21 件のコメント

  • オタク会計士ch【山田真哉】少しだけお金で得する より:

    8:29 税率のところですが、所得税率(5~45%)と住民税率(10%)を足しております。

  • 億り人の税金逃れへの海外追求は税収増やすことにつながるのでそこそこのライン超えたら
    出来るけど損失分の追求はコスト掛けて税収入減らす事になるので税務署的にはやる気
    おきなさそうですね。

  • イケハヤ嫌いだから知らなかった!
    良かった!ビットコインだけ持ってればいーのよ

  • 余計な話かもしれませんが、毎回動画で紙を印刷するなら、その紙を作ってる端末と横にあるモニターを繋いで、モニターに画面を移したら良いのではないでしょうか…??

  • そんな信用が無いものを平気な顔して「錬金術」と囃し立ててたわけですか。
    こわいこわい。

  • サブプライムローンとリーマンショックもでしたが自分の買ったものがなんなのか結局わからないまま買った人が損してる。
    それは納豆なのか腐った豆なのか。
    それすらわかっていないのかとお思うほどよくわかってないのかなと。

  • いつも、色んな勉強をさせてもらいほんとに感謝しています。
    今回の内容も詳しく説明して下さり大変よくわかりました
    ありがとうございます
    今年Bitcoinデビューで、分からないことだらけなのですが、
    円からBitcoinを買、Bitcoinを利確して同じ取引所内で別のコインを買ったり利確したりする!
    少額でやってる人や初心者のやり方としては多いと思うのですが、その場合
    どんな書類をどうやって出して、どんなやり方で確定申告をするのかまで、初心者向けに、教えて貰える動画アップしてもらえると嬉しいです
    あと、売買で、どう動かした場合は税金がかからずどのタイミングで、税金がかかるのかも、詳しく教えて貰えると更に嬉しいです。、

  • これはもう投資家は逆神イケハヤをトレード判断の材料にしてることは確実なのではないか?

  • 通貨はある程度金利やお金刷ったりする、枚数も多い事から国で経済状況やある程度のインフレ、デフレの調整もできる。最近してないけど。→通貨の安定につながるわけで。仮想通貨は企業がやっている以上調整はせいぜい枚数増やすくらい。そこの差が1番かと思います。普通なら急上昇し始めた段階で枚数など増やしたりして調整すべきなのですが、しない事で結果お金持ちが買わせてチャート作り暴騰後刈り上げることも容易にできてしまうと思います。何はともあれ、、マイナス通貨が存在しなかった事は良かったんじゃないでしょうか?あったら、、マイナス数百万とかなってたりして。

  • 海外取引所の取引履歴を印刷して保管しても取引履歴の書類として認められないって事はあるんでしょうか?

  • 仮想通貨で年利が凄いよって勧めるやつが一年も保有するつもりなんか一切なくむしろそろそろ売ろうとしてるから、人集めしてる件

  • QuickSwap使用時にトランザクション発生するのでMaticからTitanへ変更したタイミングや数量は証明できますよ。 もう一つの方の課税の落とし穴について説明しているのかと思ったので非常に残念でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です