【10分解説】日本の仮想通貨上場、早まる可能性

今回の動画は日本の仮想通貨交換業や取り扱い通貨の審査状況が早まってる状況について
解説しました。

●関連記事

●Twitterアカウント
CONNECTV:
各務貴仁:
設楽悠介:
CoinPost:
あたらしい経済:

7 件のコメント

  • 本当にやっと・・・・。1年で2~3種類の上場なんてやってられない。
    あと国内の取引所はビットフライヤー、ザイフ、コインチェックの御三家を使ったけど、問題だらけだったよね。
    今、GMOコイン取引所しか使ってない。仮想通貨の送信手数料が無料。
    ポルカドット、バット、オミセゴー、テゾス、クタンタムなどの取り扱いが早かった。
    GMOコインのこれからの展開に期待したい。

    海外ならBinance、Gateを使ってる。もし規制が入るならウォレットに紐づけるDEXを使う。
    規制をかけまくる金融庁、緊縮財政を進める財務省、どちらも信用していないよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です